Race Report

2013/11/19

野辺山高原シクロクロスレース2013

日時 2013年11月16日
天候 晴れ
コンディション マッディ
気温 2℃~5℃
チーム TOYO FRAME

競技中の写真。なんとここもコースの一部で、ロードバイクを担いで走る!

2013年11月16日、長野県佐久市。
MIDLANDサービスはシクロクロス野辺山会場となる滝沢牧場へと向かう。

今年からMIDLANDは畑違いの自「転」車競技へ、手さぐりながらも進出中・・・。

チームTOYO FRAMEさんに試作品を提供している関係で、今回は現場の視察へ。
「シクロクロスとは一体どんなレースなのか?会場はどんな様子なのか?」
そして、メンテナンスの現場を確認、試作品のチェーンを使用したバイクのメンテナンスをお手伝いしに行きました。

ここ数日の冷え込みに、当日は雪か?路面は凍結か?
出発前には用心してタイヤチェーンをサービスカーに搭載。
早朝に出発もいきなりのミスコース等等・・・ドタバタで10時ごろ到着。
凍結など全くナーシ!ピーカンの天気です(笑)

さて、会場はすでにエントラントやサービス等、関係者で大盛況。
コース脇までエントラントのサービステントが張ってあったり、出店テントが並んでいたりと、日頃親しむモータースポーツ会場とはかなり違い、自然のなかで人馬力で戦う競技の緩やかさがありました。

コースはというと、前日の雨のために路面のコンディションは”ヌカヌカ”!

・・・そう、シクロクロスという競技は、モトクロクコース(オフロード)をロードバイクで走る耐久レースなのです!!!(驚)

つまり、チェーンに長時間にわたって泥がからみあう等、極端な負担がかかる。 そこでレースからラリーまで、自動車競技で培ったMIDLANDの技術を投入しよう、という試みなのですが、結果は、泥・草など異物の混入や付着がカナリ少ない感じで納得でした。
そしてTOYO FRAMEさんは見事2日連続の優勝。おめでとうございます!

そんなエクストリームな競技ゆえ、競技終了後はハンガーノック寸前の選手も。人馬力競技はキビしそうです。

次の琵琶湖はもっと厳しい環境だそうですが、その日はVitzレースのグランドファイナルなので行かれず残念ですが、これからも意欲的にサポートしていきたいと思っております。

 

イベントの詳細は、野辺山シクロクロスレースオフィシャルサイトTOYO FRAMEさんのサイトからどうぞ。


MIDLAND製品使用
チェーン シマノDURA-ACE 11速チェーン
加工 無し
オイル MIDLAND
走行 約6周
  ※スプロケへの砂等の付着が少ない。
他社製品使用
チェーン シマノDURA-ACE 11速チェーン
加工 無し
オイル 他社製品
走行 1周
  ※スプロケへの砂等の付着が多い。

このページのTOPへ