Race Report

2014/11/26

GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2014 Grand Final レポート

#283 竹平良平選手 #8 黒須聡一選手&#13 蓬田昭男選手 #724 中村修彦選手

2014年11月23日、TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2014 (於:富士スピードウェイ)で、ヴィッツ日本一決定戦「Grand Final」(8周)が行われました。

このグランド・ファイナルには、各シリーズの3位までの選手がシード権で参戦し、これで勝つことによって「ゼッケン1」の称号が与えられます。
来シーズンの「ゼッケン1」を目指し、各車、気合が入っています。

スタートは綺麗にきまり、#22 北田・#25 水谷・#108 峰・#724 中村の4台が先頭集団になって他車を離し、北田・水谷が1番争い、峰・中村が3番を争う激しいバトルを展開。毎周順位が変わるので目が離せません。

#724 中村修彦選手

中村はヴィッツレース2シーズン目選手ですが、早くもヴィッツ使いの先頭集団で戦っており、レース展開などを学ぶには良いレースとなったことでしょう。
結果は激しいバトルの末4位でゴール、来シーズン期待の選手です。

#13 蓬田昭男選手

一方、今シーズンのチャンピオン13#蓬田選手は、予選の失敗で10位よりスタートし、5台抜きで結果は5位でゴール。
ベスト・パフォーマンス賞狙いでしょうか。速さを表現していました。

#283 竹平良平選手

その他、急遽「283#竹平良平選手」もMIDLANDの仲間入り。
6位でフィニッシュ、来シーズンは「全シリーズ戦」出る予定だそうです。

#8 黒須聡一選手

8#黒須聡一選手久々の富士ヴィッツレース。
昨シーズンはS耐5クラスで参戦していましたが、今シーズンはヴィッツ東北でチャンピオンになり、グランド・ファイナルにシード参戦。
結果は9位でフィニッシュでした。

 

今年のグランド・ファイナルは特に激しく高度なレース展開が観られて、来期の激しさを予想するものとなりました。


このページのTOPへ