Race Report -2017

2017/9/17

スーパー耐久レース 2017 第5戦 富士スピードウェイ
油売りおやじ(?!)の熱血レポート

(C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM
日時 2017年9月2日(日)
イベント名 スーパー耐久シリーズ 第5戦 富士SUPER TEC
場所 富士スピードウェイ

S耐のシリーズの中で最長の10時間耐久。
天気は涼しく耐久日和です。

占有走行~予選

金曜日の占有走行では毎度のことで55号車がトップタイム。花を持たせていただきました。

・・・が、いざ予選結果は下記のとおり。

1位 93号車
S2000 SKR .ENGINEERING.ings
埼玉「SKR・ENGINEERINGレーシング・ガレージ」
2位 86号車
トヨタ86 TOM,s-SPIRIT
「泣く子もだまトヨタ・ワークス」
3位 55号車
トヨタ86 Sun Oasis田中建築 スズバン
「素人チーム・オートファクトリー」
4位 333号車
FN2 GLORY RACING A-ONEレーシング
「鈴鹿の名門」
5位 13号車
ENDLESS ADVAN86
「長丁場なので練習走行からセーブし車両恩温存している RS中春」

予選5位と控えめな13号車ENDLESS。…不気味に控えています。
終わるころには帳尻あわせて表彰台に居るんだろうな~!と、 最近パターンが読めるようになりましたが、13号車に勝てないのも事実。
MIDLANDがサポートしている55号車は町のチューニング屋のようなもの。
対する13号車は本場のレースメンテナンス会社。
「仕方ねーか!」とも思いつつも、諦めずに虎視眈々と狙っていきましょう◎

決勝は、ポールポジションの93号車SKR・S2000が終盤までトップの座を守り、そのままゴール…と思いましょうが、そうはならないのが耐久レースの怖さでありまして、最後にドラマが控えております。

55号車チーム紹介

さて、ここで55号車のチームをご紹介。
我らが55号車は、Aドライバーに「たしろ じゅん」。Bドライバー「伊藤毅」、Cドライバー「田中雅之」、Dドライバー「小野田貴俊」。以上の4ドライバーで挑みます。
Bドラ、Cドラは、チューニングカーレース「8ビート」の選手で、公認レース未経験の選手達。いきなりスーパー耐久への参戦です。

そしてメカニック。
普段は建築関係の職人さんという、公認レース未経験者達の構成で、無謀にも(!?)スーパー耐久に挑んでいます。

牽引者はオートファクトリー代表のたしろじゅん。ま~大変ですね。 (来年はクラスUP~なんて騒いでいますが…?!)

決勝

10時間の長~い決勝レース。
残り30分、93号車SKR・S2000にトラブル発生!
ホイールボルトの折損により、フロントホイールが脱落。なんとかピットインしてコースに復帰するも、2位86号車、3位13号車、4位55号車の順に次々とパスされ、93号車は結果的に4位まで転落でフィニッシュ。

優勝は86号車、2位に13号車。

次に…………

来た~!!奇跡の55号車!!3位入賞!!!

 

トップから2LAP遅れでしたが、前を走っていた13号車と懸命に争っていなければこの奇跡は起こらなかった。
諦めなかったから起きた最後のドラマ。

こんなご褒美があるから、耐久は辞められないのかも。


(C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM (C)MIDLAND-PRO.COM
このページのTOPへ